« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月29日 (金)

プレイベントin白石

   さが食育フェスタ 2010 

~第五回 食育推進 全国大会~

  この大会を県全体で盛り上げていくため、

  県内の全市町に地域実行委員会を設置し、

  各市町でプレイベントが開催されているんですよ。

 

平成 22 年1 月 31日 (日) には

   佐賀県 杵島郡 白石町 で開催されました☆

         ↓↓↓↓↓

   開催報告はこちら 県のホームページへ

     

白石町プレイベント

◆【日時】平成22年1月31日(日曜日)
◆【時間】10時~13時        
◆【場所】ゆうあい館 (杵島郡 白石町大字福富 3535−1)
      場所はこちら→【地図】
◆【概要】
 
 ◇試食(11時40分~)
   ・五目テンペのおこわ
   ・小ねぎのかきたま汁

 ◇実演(11時40分~)
   ・須古ずし

 ◇その他
   ・食育〇×クイズ(賞品あり)
   ・おやつを食べてレッツスポーツ!!
   ・食べ物と運動のカロリーバランス体験(食育天秤 食育はかるくん♪)
   ・パネル展示(小・中学生の食育活動)
  

    

また同日、別の佐賀県内の会場では

食育の講演会

◆【テーマ】「食卓から健康と幸せを」
        ~食生活が人生を変える~ これからの食育!
       講師:下田純子(しもだすみこ)さん(佐賀自然にを学ぶ会代表)
             
◆【会場】 アイスクエアビル 小会議室CD4F
       佐賀市駅前中央1-8-32
       電話:0952-40-2002
◆【入場料】 無料

  

以上のイベント等詳しくは県の食育ホームページへ  

  
  
今、佐賀県は、6月の全国大会に向けて

食育に対する取り組みが熱いです(^-^)♪♪♪

| | コメント (2)

2010年1月28日 (木)

食育って、本当に幅広い…

食育全国大会の広報活動をさせていただくようになって

早3ヶ月が経とうとしていますが

なかなか…。。。(^^ゞ

やりがいのある、そして

我が為にもなるお仕事に感謝する毎日です。

  

食育の本で検索をかけた場合

・約500冊もの書籍が該当します

  

食にまつわるネット上の情報を見ようと思ったら

・食育関係サイトでは 約400

・食育ライター投稿記事では 約4700

  

  

埋もれている情報を含めるとそれ以上の数なのでしょうね。

『食』は、すべての人に関係してくることなのに

  

『食育』現場以外では あまり耳慣れない『食育』

  

いざ情報を得ようと思ったら膨大な数の情報量。

  

情報の渦に圧倒されますが、

知りえた確かな情報を良く咀嚼し

自分が出来る事から実践あるのみです。

一つ一つの積み重ねが家庭の食育へとつながっていくと信じて☆

 

  

以下 医学博士 服部幸應氏

HATTORI食育クラブ

食育の根底にあることすべてはつながっている~より抜粋

   

人の体は食べたものでできています。

人の体は絶えず入れ替わっているのです。

(中略)

安全で安心な食べ物を選ぶこと、

手をあわせていただきますと言うこと、

子供に食物のルーツを教えてあげること、

環境に配慮した製品を買うこと、

少しゴミを減らすこと、

外出時にコンセントを抜くこと…

今すぐできるそんなことが、食育の第一歩なのです。

| | コメント (0)

2010年1月21日 (木)

命をいただく

木村まさ子さんの 講演会に行ってきました。

私は、食育のこのお仕事を頂いてて本当によかったなと

改めて感じています。

意識しないと気付かない想いを 受け取る事ができたからです。

 

現代を 象徴するようなエピソードを 教えて頂きました。

そこにあったのは、あまりにも 悲しい価値観でした。

 

そして

命。

  

毎日私たちは、数多くの命 をいただいて 生きていける事を。

 

食肉加工をされている方のお話も聞かせて頂きました。

  

心が 痛みます。

毎日 口にしている食べ物は、

沢山の人の想いが 詰まっているのです。

   

「自分の手を汚さず 肉を食べている」

 

感謝なくては頂けませんね。

肉だけではありませんね。

魚も 野菜も お米も

  

みんな 命。

『いただきます』 

そのものの命に対して感謝を…

| | コメント (5)

2010年1月18日 (月)

☆イベント案内☆ 2010 / 1 / 20 (水)☆

はし☆様よりご紹介頂きましたイベントの紹介です♪

【日 時】 平成 22 年 1 月 20 日 (水曜日)

【時 間】 13 時 ~ 14 時 30 分

【テーマ】 「 育み はぐくまれ

       ~ 日々の中にある大切な事 ~ 」 

          講師:木村 まさ子さん             

【会 場】 佐賀県自治会館4階 大会議室
       (佐賀市城内 県庁南裏・中原胃腸科となり)

【定 員】 150名(先着順・入場無料)

○「いただきます」

   (自分のために命を提供してくれたものたちへの感謝の気持ち)

○「おいしい」   (口に出すとき最後に語尾を上げる)

○「ごちそうさま」

○「大好き」

   などの言葉や命(自分をいとおしむことなど)の大切さについて

   説かれていらっしゃいました。

       
             

とのご案内を頂きました。

大切なこと改めて心に刻みたいですね☆

  

| | コメント (0)

2010年1月15日 (金)

今日は食育の日【佐賀県】

佐賀県では、食生活の基本である「家庭における食育」を進めるため、

毎月第3「金」「土」「日」を『食育の日』と定めています。

『食』を育みましょう☆

| | コメント (2)

2010年1月13日 (水)

食生活指針

楽しく ! 健康への食卓

食事を楽しみましょう。

  • 心とからだにおいしい食事を、味わって食べましょう。
  • 毎日の食事で、健康寿命をのばしましょう。
  • 家族の団らんや人との交流を大切に、また、食事づくりに参加しましょう。

1日の食事のリズムから、健やかな生活リズムを。

  • 朝食で、いきいきした1日を始めましょう。
  • 夜食や間食はとりすぎないようにしましょう。
  • 飲酒はほどほどにしましょう。

主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。

  • 多様な食品を組み合わせましょう。
  • 調理方法が偏らないようにしましょう。
  • 手作りと外食や加工食品・調理食品を上手に組み合わせましょう。

ごはんなどの穀類をしっかりと。

  • 穀類を毎食とって、糖質からのエネルギー摂取を適正に保ちましょう。
  • 日本の気候・風土に適している米などの穀類を利用しましょう。

野菜・果物、牛乳・乳製品、豆類、魚なども組み合わせて。

  • たっぷり野菜と毎日の果物で、ビタミン、ミネラル、食物繊維をとりましょう。
  • 牛乳・乳製品、緑黄色野菜、豆類、小魚などで、カルシウムを十分にとりましょう。

食塩や脂肪は控えめに。

  • 塩辛い食品を控えめに、食塩は1日10g未満にしましょう。
  • 脂肪のとりすぎをやめ、動物、植物、魚由来の脂肪をバランスよくとりましょう。
  • 栄養成分表示を見て、食品や外食を選ぶ習慣を身につけましょう。

適正体重を知り、日々の活動に見合った食事量を。

  • 太ってきたかなと感じたら、体重を量りましょう。
  • 普段から意識して身体を動かすようにしましょう。
  • 美しさは健康から。無理な減量はやめましょう。
  • しっかりかんで、ゆっくり食べましょう。

食文化や地域の産物を活かし、ときには新しい料理も。

  • 地域の産物や旬の素材を使うとともに、行事食を取り入れながら、自然の恵みや四季の変化を楽しみましょう。
  • 食文化を大切にして、日々の食生活に活かしましょう。
  • 食材に関する知識や料理技術を身につけましょう。
  • ときには新しい料理を作ってみましょう。

調理や保存を上手にして無駄や廃棄を少なく。

  • 買いすぎ、作りすぎに注意して、食べ残しのない適量を心がけましょう。
  • 賞味期限や消費期限を考えて利用しましょう。
  • 定期的に冷蔵庫の中身や家庭内の食材を点検し、献立を工夫して食べましょう。

自分の食生活を見直してみましょう。

  • 自分の健康目標をつくり、食生活を点検する習慣を持ちましょう。
  • 家族や仲間と、食生活を考えたり、話し合ったりしてみましょう。
  • 学校や家庭で食生活の正しい理解や望ましい習慣を身につけましょう。
  • 子どものころから、食生活を大切にしましょう。

     平成12年3月文部省(当時)・厚生省(当時)・農林水産省決定

| | コメント (2)

2010年1月 7日 (木)

春の七草

七草がゆ

 

江戸時代よりも 昔から 時を経

今に 受け継がれてきた 風習。

一年間の 無病息災 を祈りながら 食する。

 

おせち料理で 疲れた 胃を休め、

野菜が乏しい冬場に不足しがちな栄養素を補う

という効能もある (Wikipediaより) 。

           

 

朝食べるとは知りませんでした。

今日は帰ってから夕飯に七草粥を頂きます。

  

大切な人を想う気持ち

子供たちにつなげていきたいですね。

| | コメント (3)

2010年1月 6日 (水)

『まんなかに、人』

今日のブログタイトルは

平成22年1月
県民のみなさまへの新年あいさつ

( 佐賀県知事 古川 康 )

で述べられたキーワードです。

今年は「まんなかに、人」をテーマにしたい。

…6月には食育全国大会がある。

佐賀は農産物を作る人に恵まれ、

それを盛る器にもまれている。

全国に発信するとともに、

食卓や家庭を考えるきっかけにしたい

              [佐賀新聞より]

         

 

だんらん…

私はこの言葉が大好きです。

私事ですが

長い療養生活で家族ばらばらに生活する日々。

外泊許可をドクターに申請する際

申請理由に

「家族だんらんの為」と書いては、

笑われたことを思い出します。

   

共に過ごす喜び。

人と人のつながり。

遠く離れていても大切な人を想う気持ち。

つながっていく縁。

これから始まっていく絆。

  

人生の心の四季を越えていくとき

原風景がその時々で力になっていく。

「だんらん」にはそんな温かな力があると信じています。

Dvc00035_2 

  ( 朝もやの中で )

| | コメント (3)

2010年1月 5日 (火)

美味しかったよ~(^-^)♡

Dvc00010_2

さがびより、

やっと手に入れました(^-^)♪

佐賀新聞より『さがびより』に関する記事はこちら

Dvc00033

炊きあがりにも大満足!!

思わず「うわぁ~~」っと 息がこぼれました。

Dvc00032_2

ではでは、「いっただっきまーす!!」

  

粒が 大きく しっかり していて、 つやが あり

食感はもっちり、甘みや香りがあり、

冷めてもおいしい。

  

との特徴の通り、期待を裏切りませんでした♡

がばい、おいしか~☆

本当に美味しいですよ~(^-^)♪

 

  名称に込めた「思い」とは 

 佐賀県 の 米づくり は、

 稀なる豊かな自然に 恵まれた

 “ おだやかな気候 ” や、

 “ 肥沃な大地 ”、“ 豊かな水 ” のもと、

 農家の知恵 と 努力 を 重ねて 築きあげた

 「佐賀県の誇り」、「佐賀県の財産」です。

  

 気候が大きく変動する中で、

 雨が降り続いたり、

 強い風が 吹いても日々 米づくりに 励み、

 自慢の米を 収穫する秋には

  笑顔で 晴れやかな日を 迎える、

 そんな 「 思い 」 を込めて、

 「 佐賀日和 」 と、名づけられたそうです。

| | コメント (4)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »